漢方薬とは

歴史

漢方薬、ないしは漢方は紀元前後に中国で栄えた医学が日本に渡り、日本国内で進化を遂げたものです。中国独自の医学を中医学と呼ぶのに対し、日本で進化した漢民族の医学(医方)なので漢方と言います。外国の良い文化を取り入れ、さらに発展させてしまうのは日本人の得意とするところで、漢方も江戸時代に急激に発達・進化し、今日まで続いています。

なぜ効くのか
器に入った生薬と百味箪笥のイラスト

紀元前1500年ごろの古代中国、殷の時代からすでに生薬を煎じて服用した形跡があるそうです。初期の頃はこの症状にはこの植物が効くと単味で使っていたものが、長い時間をかけ、生薬を組み合わせることで相加・相乗効果のあることがわかり、成功失敗を繰り返し徐々に洗練された薬方になったと考えられています。いわば気の遠くなるような人体実験の積み重ねの結果が今ある漢方で、その効果は経験の集積によるものと言えます。

漢方の診断法

西洋医学の診断では血液検査やレントゲンを始め、さまざまな機械による科学的、客観的なデータに基づき、病名、または病気の原因を見つけそれを治療します。ひとつの病気には複数の治療法があります。また、病気をいくつもお持ちの方も珍しくなく、その場合は糖尿病、高血圧と、病気ごとに異なる薬を服用することが普通です。
漢方では、病んだ状態そのものがあると考え、その病んだ状態を治してゆくのを目標とするので、漢方においては病名とは厳密には存在せず、病んだ状態を正常な状態に整えるために通常1種類の薬方を使用します。その病んだ状態を証と言います。証に対応する1種の薬方があり、それを方証相対と言い、この証を決めてゆくのが漢方の診断法と言うことになります。

証の決め方

病気にかかった時に、人には通常何かしらの反応があります。風邪なら咳をし、鼻水が出て熱が上がります。インフルエンザなら関節痛や酷い悪寒の後の高熱があります。体力のない方だと熱が出ずに肺炎になったりします。証とはこの、病にかかったときの生体の反応そのものです。病気の種類によっても違いますし、反応のしかたは個々人で異なります。証は自覚症状と他覚症状の組み合わせで判断します。また、生体の反応の仕方は段々と変化してゆくので(風邪が長引いて気管支炎や中耳炎になってゆくように)、証も変化し、薬方もそれに応じて変えてゆきます。

漢方薬の種類 煎じ薬・丸剤・粉薬・エキス製剤

「煎じ薬」とは何種類かの生薬を組み合わせたものをやかんや鍋で水から煮詰めて頂き、抽出された有効成分のエキスを湯液の状態で服用します。「~湯」、「~飲」と呼ばれる漢方薬がそうです。
例:葛根湯、茯苓飲

煎じティーバッグの中身

「粉薬」は何種類かの生薬をそのまま粉にしたものです。お湯に抽出されない成分が薬方に必要な場合の服用形態です。「~散」と呼ばれる漢方薬のことです。例:当帰芍薬散

漢方薬・散剤


「丸剤」は生薬を粉にしたものをハチミツなどで練り固めた小さな丸い粒の漢方薬です。ゆっくり吸収されます。漢方薬は「~丸」と呼ばれます。例:牛車腎気丸

漢方薬は長い経験の中でどのようにして服用すると一番効果があるかは分かっています。~湯なら煎じ薬で飲むと一番効果があるのですが、忙しくて煎じるのが大変という方もいます。その場合は「エキス製剤」を使います。これは一度煎じて抽出されたエキスをフリーズドライにし、賦形剤を加えたもので、一回分が一包になっているので外出先でも気軽に服用できます。市販の漢方薬はほとんどこの形態です。家では煎じ薬を服用し、外出先ではエキス顆粒を服用される方もいます。