医療用医薬品販売(零売)について

零売とは、処方せん医薬品以外の一部の医療用医薬品を処方箋なしで販売する制度です。病院の薬が切れてしまったが病院に行く時間がない方など、すぐに受診ができない状況におかれている方などを対象に、継続的な医療を提供するために販売いたします。保険を使わない自費のサービスですが、かかる費用はお薬代のみです。

シナモン薬局は埼玉県初の医療用医薬品を公式に販売ができる薬局(零売薬局)です。

医薬品にはドラッグストアなどで購入する“一般用医薬品”と病院や調剤薬局で調剤される“医療用医薬品”の2種類があります。1万種類以上の医療用医薬品のうち約半数が処方箋がないと販売できない“処方箋医薬品”なのですが残り半分の医療用医薬品は処方箋がなくとも法的に販売できる医薬品です。

薬剤師に相談できます

医療用医薬品を安心して服薬頂けるよう販売は全て薬剤師が行います。また、症状や副作用歴、併用薬の飲み合わせなども確認し、一人一人の薬剤服用歴として管理しますので、いつでもまたご相談できます。

必要量だけご購入できます

錠剤なら1シート10錠から、塗り薬なら1本からと最小単位でご購入できるので経済的です。

お薬代以外はかかりません

病院での診察料や、薬局での調剤料などはかかりません。お薬代だけ頂いています(保険は使えません)。

※ご留意ください

・服用されるご本人様がご来店ください。(代理の方への販売は法律上できません)
・通信販売も法律上不可ですので直接のご来店をお願いいたします。
・15才未満の方には販売できません。また、15~19才の方は保護者の方とご来店ください。
・初回は体質や併用薬等、安全に服用して頂くための質問事項へのご回答が法律上必要になります。
(体質等により、薬剤師の判断で販売をお断りさせていただく場合がございます。)

→取扱い医薬品一覧(カテゴリー別)